プロフィール

ニックネーム小川洋平
自己紹介 こんにちは。


住まいのお金のスペシャリスト・ファイナンシャルプランナーの小川です。


生まれも育ちも小千谷市で、小千谷小学校→小千谷中学校→小千谷高校という小千谷のエリートコース(?)を歩んだ後、新潟市の新潟国際情報大学に進学しました。


当時はITバブルでシステム関連がもてはやされていた時代で、母の薦めでなんとなくシステムエンジニア系の職に就こうかと思い大学に進学しましたが入学して半年で挫折、同時に車の運転の楽しさをしり、学業そっちのけでサーキット走行、ジムカーナという自動車競技にも参加しモータースポーツにのめりこんでいくのでした。


新卒で働いた会社も自動車関係だし実家から近いからという簡単な理由で選び、お給料のほとんどを車に使っているという人生を送っていましたが、3年後に実家の下で事務所を開いている総合保険代理店に転職することを決めたのでした。


初めに損害保険会社で自動車保険や火災保険の営業という立場で入社しましたが、保険の知識も営業の経験も無いためなかなか売れず、飛び込みで訪問しては断られで嫌になっていたことはよく覚えています(笑)



FP(ファイナンシャルプランナー)を目指したきっかけは


FPを目指すことになったきっかけは、初めは「FPの資格持ってるって言ったらお客さんにも一目置かれるだろう」と思って勉強を始めました。

ところが、専門分野の保険以外の科目はわからないことだらけで3級の試験すら不合格・・・・。


「自分の専門分野じゃないし仕方ないよね・・・」


と、こう思って自分に言い訳をしていましたが、そんな私が本気でFPを目指すきっかけが訪れました。


当時の私は「60歳になると掛けたお金が戻ってくる」生命保険の商品の組み合わせを見つけ販売していました。生命保険は掛け方によっては一生涯で何百万円も支払う金額に差がでるとても大きな買い物で、掛け方次第で人生に大きな影響を及ぼすこともある商品です。

「大きなお金を捨てるだけの変な保険を売ってるやつらとは違うんだ」と思いながら自信を持って売ってた保険の組み合わせでしたが、あるFPの先輩にダメ出しされたのでした。


「その保険料を払うことで60歳になる前に必要になるお子さんの進学資金を準備できないこともある。家を建てたりしたら住宅ローンの支払いもあるので続けて行けないし、そもそも60歳になったときに物価上昇していたらお金が返ってきたってお金の価値が減ってしまう」


当時の私が考えてもみなかったことでした。


保険商品のことだけを見て考えていましたが、人生設計とそれに合わせたマネープランが大切だということ、インフレによる物価の上昇で実質的にお金が減ってしまうことになるということ、本当に良い保険を提案したければ保険だけでなくお金の全体像について知らなければならないということに気が付いたのでした。


そこからFPの勉強に力が入り、一度失敗した3級は飛び越して2級にいきなり挑戦し一発合格。

FPの勉強をしていく中で税金、金融、社会保険、相続等、幅広く膨大なお金の知識が増えていき、奥深さを知ることで勉強がすごく面白くなってきました。



これまで自分が販売してきた保険は売れなくなりましたが、幅広い視野で保険やお金の全体像を見ることができるようになったのでこれまでとは違うより質の高いコンサルティングで保険を設計し販売できるようになりました。




LIVRAを開業した理由


FPのコンサルティングを付加価値として保険を販売していた私は、住宅ローンの相談を始めることにしましました。


「購入時からお客さんに関わって生命保険の見直しをして負担を減らしてあげればお客さんはもっとローンの支払いも楽になるし、引き渡しの前には火災保険も契約できるし」


そんな保険販売のために考えたことが住宅購入のコンサルタントを目指すきっかけでした。


その考えは上手くいき、提携する工務店も住宅という大きな買い物をする前にお客さんの負担を大きく減らしてあげることができるし、お金のことが問題でなかなか打ち合わせが進まなかったのが進むようになったと喜んでいただきご紹介いただくようにもなりました。



しかし、お客様の利益に貢献したいと思っている自分と、保険の販売でしか収入を得られない自分との間に矛盾を感じるようにもなっていました。


お客様の中にはやはり「親戚が保険の仕事をしていて」 「友達が保険の仕事をしていて」と、私から保険を契約できない方が少なからずいらっしゃいました。


「いえいえ、いいですよ。」とお応えしていたものの、お客様の力になれたという満足感の反面、「あれだけ時間を掛けたのになぁ・・・」という保険の契約にならなかったことを残念に思う気持ちも正直なところありました。



「保険の販売を目的とするのではなく、お客様から相談料をいただいて、じっくり時間を掛けてサポートした方が結局はお客様にとって得だしお客様のためになるんだ」と気が付いたことが開業のきっかけでした。




また、自分自身がちょうど住宅購入のタイミングにあり、住宅のことを勉強しているうちに住宅の性能や建築業者によっては将来予想外に光熱費やメンテナンス、リフォーム費等の出費が増え家計を圧迫してしまう現実があることがわかりました。


それも知らないままでは一生で何百万円以上の差がでる大きなお金の問題です。



FPとしてのお金の知識と、自分自身が購入に直面して学んできた失敗しない家づくりの知識を併せ持った、普通のFPではできないサービスを提供する住まいのお金のスペシャリストのFPとして開業することを決意したのでした。




住まいのことも資金計画のことも、知ってるか知らないかでこれからの人生を大きく左右することになる大切なことです。


しかし、難しくてなかなかわからないことだらけですよね。


私はお金の知識は元々持っていましたが、住まいのことについては全くの素人です。

妻と一緒に「どこを選べばいいんだろうね?」なんて20軒以上も住宅場や見学会を廻っても全然どこに頼めば良いか、何を基準に選んだら良いかがわかりませんでした。


運よく「この人に任せれば間違いない!」と思える高い技術力を持った工務店さんと出会えましたが、そうでなければきっと後悔する家づくりをしていたかもしれません。



お金のこと、住まいのこと、両方とも全くわからない方にとってそのままでは一生に一度の大きな買い物なのに後悔することになりかねません。


ですので、あなたに合った無理のない資金計画を立てるため、本当の意味で経済的で家族が幸せに暮らせる満足できる住まいを購入するため、まずはしっかり知識を学びましょう。


あなたが本当に幸せに暮らせる住まいのこと、一緒に考えてみませんか?


住宅を売らなくてもいい第三者の立場の住まいのお金のコンサルタントだからこそあなたにとって公正中立なアドバイスをすることができます。
性別男性
年齢32歳
お住まい新潟県
職業その他
趣味・興味ドライブ、料理
経歴小千谷小学校 → 小千谷中学校 → 小千谷高校 → 新潟国際情報大学 → 地元の自動車部品メーカー → 損害保険会社 → (株)案親巧房 → FP事務所 LIVRA開業
好きな場所R-spec柿崎 RSファクトリーSTAGE
好きな本経済・金融関連、聖闘士星矢、るろうに剣心
好きな映画スターウォーズ、バックトゥザフューチャー、あぶない刑事
好きな音楽B'z
最も幸せな時美味しいラーメンを食べたとき
ライフスタイル既婚